自動車

 外を歩けば自動車専用道路があり、テレビをつければ番組やコマーシャルで各社の新車や中古車販売の映像でよく見かける自動車ですあが、この自動車の定義とは一体なんのでしょうか?実はこの「自動車」の定義はかなりそのまんまに意味で、「エンジン原動力を使い、地面に接地して走る車」の事を指します。そのためタイヤの数に関係なく地上で移動用に使われるエンジン付の乗り物は「自動車」扱いになるのです。基本的に自動車と呼ばれる乗り物は、タイヤが4輪以上の大型車の事を指しており、3輪以下の自動車を「バイク」や「3輪車」とタイヤの数によって分けているところが殆どです。

 ちなみに同じ地面に接地して移動する「電車」や「汽 車」はレールの上を走るため自動車と言う定義に当てはまらないそうです。理由としては「自走するために線路が必要なため」だったり「自動車としては規模が多きため」だそうです。先頭車両のみにエンジンが付いている事(牽引車両にもエンジンが付いているものも有りますが舵の操作が出来ないため)も自動車として認められない原因のひとつなのでは無いでしょうか?とは言え「電車」や「汽車」といった線路上で通行する交通機関が「自動車」と一線をかく要因となった最大の原因はやはり歴史にあると思います。自動車と列車を比べての相違点はなんと言っても大きさです。モノ造りにおいて大きければそれだけギミックを仕込むスペースが確保できるため列車のような一両丸々機関を乗せて重いモノを牽引する事ができるのです。実際に大量に人員や物資を送る場合人数や物量に沿って重量も加算されるため大馬力のエンジンが必要な列車は大型化していく傾向になります。自動車に関してはまったく逆で個人で扱える交通機関として開発された経緯があります。当時は人が1〜2乗れれば良かっため大馬力のエンジンを搭載する必要は無かったのですが、ある程度エンジンの小型化と馬力が無ければ実用化できなかった経緯が有ります。駐車場経営ならテクノスに任せましょう♪車の免許もいいですが、交通安全には気をつけて☆

 ちなみに自動車のエンジンの力強さの表現として「馬力」と言う言葉が有ります。この馬力の意味は単純で「1馬力≠馬一頭分の力」と言う意味の力の度合いを表しているモノで、馬車や列車に変わって個人の交通手段として広がり始めた自動車を判りやすく馬で喩えた能力の基準です。じつはこの基準世界各国で使われている割には「馬力≠○K」と言ったような国際基準が出来ておらず、各国で勝手に馬力の数値を設定して表記しているのです。そのため日本では200馬力と銘打っている自動車を国外で馬力測定を行なうと220馬力だったり190馬力だったりと各国によって馬力の数値に違いが出てきます。最近では馬力ではなく国際基準のある排気量やBpと言った数値を使ってエンジンの能力を表記する所が増えてきています。日本でも自動車を扱うときは排気量や重量など様々な部分で税金をかけており、排気量が大きいと税金が多く掛かり、排気量が少ないと税金が安くなります。コレは二輪自動車(バイク)でも同じ事なのでコレから自動車やバイクの購入を考えている方は排気量や重量と言った部分を考慮して車探しを行なってみると安く愛車が購入できるかもしれません。

合宿免許の情報サイト

合宿免許で効率良く免許取得が可能です。

合宿免許を楽しみながら取得しましょう。